• ハートフルギター教室

フレットポジション別フォームの考察(ミドルポジション編)


 前回 のLOWポジションに続いて、今回はMIDDLEポジション(12F=小/11F=薬/10F=中/9F=人)における指の入り方を考察していきます。LOWポジションを基準にして、どう変化するのかをみていきましょう。

6弦12Fを小指で押弦

6弦11Fを薬指で押弦

6弦10Fを中指で押弦

6弦9Fを人指で押弦


小→薬→中→人の順に6弦上を下降した例ですが、以下の点に注目してみましょう。


<LOWポジションとの比較>

① 肘の左右位置はキープしたまま(脇の開閉具合は変化しないまま)、前腕がネックに対し直行する形で進入している。


② ローポジションよりもミドルポジションの方が体幹に近いため、左半身が沈み込むようになっている。


③ ローポジションに比べフレット間隔が狭いため、腕全体をヘッド方向へシフトさせる距離が短い。それに準じて前腕を回外させる量も少なめとなっている。


①②③をまとめると…

「左半身がやや沈み込んだ状態となり、各フレットに対する位置調整量は少なくなる」

ということになります。

次の記事(フレットポジション別フォームの考察~ハイポジション編)

#弦の押さえ方